ストレスや汗が湿疹を引き起こす?湿疹の外的原因を解説

湿疹の原因には、内的因子と外的因子があります。内的因子について詳しくは、「かゆみが止まらない!湿疹の原因まとめ」をご参照ください。体質(内的因子)にもよりますが、身の周りの環境(外的因子)も湿疹の形成と悪化に関与しています。そのため、湿疹の治療と予防には、湿疹を引き起こすアレルゲンの接触を避けると共に、環境に対処する必要があります。ここでは、湿疹の外的原因について解説します。

湿疹のアレルゲン

皮膚が刺激性の物質に触れると、かゆみや赤みを伴う湿疹が発生することがあります。湿疹ができた直前に触れた物質が湿疹の外的素因であり、湿疹の発生と悪化の原因です。湿疹の原因となり得る外的素因は次の通りです。

分類 主な種類
日用品 ボディソープ、ゴム手袋 接触皮膚炎・刺激性皮膚炎、アトピー性皮膚炎
食物 マンゴー,ギンナン、ホウレン草 刺激性接触皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎
発汗 アトピー性皮膚炎、汗疹、異汗性湿疹
日光  湿布した部位に日焼け  光接触皮膚炎
化粧品 ファンデーション、化粧水、紫外線吸収剤 刺激性皮膚炎、光接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎
医薬品 抗菌薬、消毒薬 アレルギー性皮膚炎、光接触皮膚炎、全身接触皮膚炎
金属 アクセサリー、時計 アレルギー性皮膚炎、異汗性湿疹、全身接触皮膚炎
花粉 スギ、ハンノキ、カモガヤ アトピー性皮膚炎

刺激性接触皮膚炎

体質によってアレルゲンとなる外的素因が異なり、発症する湿疹の種類も異なります。日常生活においてアレルゲンと接触する機会は多いため、十分に注意が必要です。

洗剤やボディソープなどの日用品・ファンデーションや化粧水などの化粧品・抗菌薬や消毒薬など医薬品は、刺激が強かったり香料を使用していたもののため、接触皮膚炎や刺激性皮膚炎を起こす可能性があります。そのため、これらを避けて刺激の少ない代用品に変えなければなりません。

また、食べ物で刺激性接触皮膚炎を起こすことがあり、モモやタケノコの皮にある毛が皮膚に触れると湿疹が発症する可能性がありますので注意が必要です。

アレルギー性接触皮膚炎・全身接触皮膚炎

ギンナンやマンゴー、カシューナッツオイルなどは、アレルギー性接触皮膚炎の原因です。マンゴーは口周囲皮膚炎を、ギンナンや医薬品である座薬や膣剤は全身性接触皮膚炎を引き起こす場合があります。また、豆類やほうれん草などには、金属が多く含まれており、アレルギー性皮膚炎や汗疱状湿疹の原因となります。

また、金属成分の接触・撮取による湿疹は金属アレルギーと呼ばれる全身接触皮膚炎です。アクセサリーやコイン、時計、革製品、ステンレスや塗料などによって、アレルギー性接触皮膚炎や異汗性湿疹を起こすことがあり、金属を多く含む豆類、ホウレン草などの食物や歯科金属の場合は、全身接触皮膚炎になります。また、金属が皮膚に接触するだけで湿疹が起こらず、汗をかいて金属がイオン化されてアトピー性皮膚炎や異汗性湿疹になることもあります。

光接触皮膚炎

ある物質が肌の表面にある状態で日光に当たると、湿疹を起こすことがあります。これを光接触皮膚炎といいます。原因となる物質には、湿布剤(ケトプロフェンパップ剤など)がよく知られており、湿布を貼った上から紫外線を受けると炎症が起こり湿疹になります。
また、紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めクリームでも光接触皮膚炎が起こることもありますが、紫外線吸収剤にアレルギーを持たない場合は発症しません。

アトピー体質の場合、皮膚のバリア機能が低下していることにより接触皮膚炎が起こりやすくなっているため、アレルゲンを避けることが大切です。スギ花粉やカモガヤ花粉なども皮膚の内部へと侵入しやすくなるので、花粉が多い時期は外出を控えることをおすすめします。また、汗には様々な刺激性の物質が含まれているため、汗が溜まる脇や膝の裏、首などはアトピー性皮膚炎や汗疹によってかゆくなりやすく、手のひらと指、足底、足の指には、異汗性湿疹というものができることがあるので、常に清潔を保つことが重要です。

アレルゲン以外の要因にも要注意

アレルゲンに触れていなくても、湿疹ができることがあります。予防のために、アレルゲン以外の要因を把握しておきましょう。

職業性
染毛剤や金属、レジン、ゴム、切削油、合成洗剤、消毒薬など皮膚に強い刺激を与える物質に繰り返し触れたり、長時間触れ続けたりすることで、接触皮膚炎が起こることがあります。このような職業には、美容師や飲食業関係者、機械工、自動車修理工などがあります。
虫刺され
虫に刺されると、かゆみを引き起こすヒスタミンを含む好塩基球やマスト細胞が活発になり、強いかゆみが起こります。そして、かゆみを鎮めるために患部を掻くと、アトピー性皮膚炎の部位までかゆくなり、掻き壊して湿疹の悪化を招きます。
室内環境
ダニやカビ、ホコリなどが繁殖している室内環境はアトピー性皮膚炎が悪化する要因の一つです。ぬいぐるみやカーペット、ソファなど様々なところにダニやカビが繁殖するため、こまめに換気をしたり定期的にエアコンのフィルターを清掃したりすることが大切です。また、犬や猫に対してアレルギーを持つ人がペットを飼うと湿疹が起こりやすくなります。
ストレス
ストレスは、アトピー性皮膚炎の悪化を招くとされています。ストレスで緊張やイライラすると、かゆくないのに掻いてしまい、傷口や湿疹を掻き壊すことがあります。これは、皮膚を掻くことで気持ちよく感じ、ストレスが発散されるためだと考えられます。しかし、湿疹の悪化によってストレスが溜まるという悪循環に陥る恐れがあります。
季節
アトピー性皮膚炎は、季節性があるとされており、いつ悪化するのには個人差があります。一般的に、夏か冬のどちらかに悪化します。冬に悪化する理由は、皮膚が乾燥することで皮膚のバリア機能が低下し、刺激を受けやすくなるためです。夏は、細菌が繁殖しやすいため、皮膚の炎症が悪化しやすいとされています。
摩擦
首や腋の下、乳房の下、ヒジや膝、陰部、肛門の周囲は、皮膚がこすれて摩擦される間擦部と呼ばれています。間擦部の摩擦によって起こる湿疹を間擦疹といい、多汗症や肥満、高温多湿などの要因で起こりやすくなります。
 ページの先頭に戻る