赤ちゃんは湿疹になりやすい?新生児・赤ちゃんの湿疹まとめ

赤ちゃんの湿疹には、一時的な湿疹である脂漏性湿疹や乾燥性湿疹、汗疹などと、悪化と改善を繰り返して慢性的な経過をたどるアトピー性皮膚炎があります。アトピー性皮膚炎の患者のうち約80%は5歳頃までに症状が現れるとされています。特に、乳児期のうち生後数週~数ヶ月頃までに現れることが多いです。2000~2002年に行われた厚生労働省研究班の検診によって全国調査されたアトピー性皮膚炎の有症率は、生後4ヶ月が12.8%、1歳6ヶ月が9.8%、3歳が13.2%となっています。ここでは、新生児と赤ちゃんの湿疹について解説します。

子供や赤ちゃんがなりやすい湿疹とその原因

皮膚のバリア機能は、角質層によるものです。赤ちゃんは大人の角質の厚さの半分~3分の1程度しかないため、大人よりも乾燥や刺激の影響を受けやすいとされています。また、アトピー体質があると、さらに湿疹が出やすく、治っても再発しやすいため、医師の指示に従って適切な治療を受けることが大切です。

アトピー性皮膚炎と一時的な湿疹は、湿疹がどれだけ持続しているかで区別します。乳児期では2ヶ月以上、幼児期では6ヶ月以上湿疹が持続している場合に、アトピー性皮膚炎と診断されます。なお、脂漏性湿疹や乾燥性湿疹、あせもなどに関しては、アトピー性皮膚炎と容易に区別できます。

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹は、生後2~4週間までの新生児期に3人に1人の頻度でできるとされる湿疹です。母体の子宮内にいるときのホルモンの影響で、顔や頭皮など皮脂の分泌が多い部分に赤みを伴う発疹やかさぶたができます。じゅくじゅくとした湿疹や黄色い湿疹ができることもあり、額から頭部にかけて重度の発疹が現れることが多いです。特に治療をしなくても、生後6ヶ月頃にかけて少しずつ改善していくとされています。

乾燥性湿疹

乾燥性湿疹は、生後4週間~1歳までの乳児期、1歳~6歳までの幼児期に起こりやすい湿疹です。生後2~3ヶ月以降は、次第に皮脂の分泌が減少していき、幼児期にもなると生涯の中で最も皮脂の分泌が少なくなります。そのため、皮膚が乾燥しやすくなり、乾燥に伴うかゆみによって皮膚を掻き壊し、湿疹ができます。身体の中でも脚や背中などが乾燥しやすいのが特徴です。

おむつかぶれ

新生児期と乳児期、幼児期のおむつを履いている時期に起こる湿疹です。おむつの中は、尿や便、汗などによって高温多湿で、皮膚のバリア機能が低下している状態になっています。そのような状態で、おむつによる直接的な刺激やお尻を拭くときの摩擦、尿中に含まれるアンモニアや便中の酵素などによる刺激を受けることで、皮膚炎が起こりやすくなります。

あせも・汗疹性湿疹

あせもや汗疹性湿疹は、新生児期と乳児期、幼児期、6歳~12歳の学童期に起こりやすいです。子供は大人とほぼ同じだけの汗腺(汗を出す器官)がありますが、体表面積は大人の約6分の1しかないため、汗による影響を受けやすいとされています。また、大人よりも激しい動きをするため、汗をかきやすいということも理由の一つです。あせもを掻き壊すことで汗疹性湿疹になったり、細菌やウイルスに感染してとびひになったりすることがあります。夏は特に汗をかきやすいので、十分に注意が必要です。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、長期間にわたり、かゆみを伴う湿疹や赤み、乾燥などの症状が続き、症状の悪化と改善を繰り返して慢性の経過をたどる湿疹です。親がアトピー体質の場合は、子供もアトピー体質になる可能性がありますが、それほど遺伝性は強くないといわれています。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、生後2ヶ月~6ヶ月にかけて、頬や額、顎、耳の前後に赤みを伴う湿疹が多発し、それぞれの湿疹が繋がることで、表面がじゅくじゅくとした状態になることが多いです。また、食物アレルギーが発症に関与していることが多いといわれています。中でも、卵アレルギーが最も多く、卵を使用した食品を摂取したり、卵製品を摂り続けている母親の母乳を飲んだりすることで少しずつ進行するとされています。

赤ちゃん湿疹の治療法

乳児湿疹の多くは自然治癒する傾向がありますが、かゆみが強い場合には患部を掻き壊すことで悪化する恐れがあるため治療を受けることが大切です。湿疹の治療では、原因物質や要因の除去とスキンケア、薬物療法を行います。赤ちゃんによって適切な治療は異なるので、通院して状態を診ながら治療と皮膚のケアを続けることが大切です。

新生児・赤ちゃんの湿疹スキンケア

湿疹の予防のためには、乾燥を防ぐ必要があります。乾燥を防ぐことで、皮膚のバリア機能の低下を防げる可能性があります。湿疹ができてからではなく、できる前から保湿をするようにしましょう。

保湿剤
保湿剤のヒルドイドや保護剤の白色ワセリンなど様々な保湿剤があり、基本的には油分と水分の両方を含む乳液タイプを使用します。季節や症状に応じて使い分けることが望ましいです。夏は、ローションで全身を軽く保湿し、皮膚のバリア機能が低下している部分にはクリームを塗ります。冬は特に乾燥しやすいため、乳液にクリーム、オイルを重ね付けすることが大切です。使い心地が良ければ病院の保湿剤ではなく市販のものでも問題ありません。なお、保湿剤を遠慮なくたっぷりと塗らないと効果がなくなるので、値段が高いものを使うより、保険が適用される保湿剤を使用するのがおすすめです。
清潔
公園などで遊ぶことで汗をかいたり汚れたりした場合は、帰宅後に石鹸を使わずシャワーをしましょう。入浴時には、弱酸性で香料や着色料を使用していない低刺激の石鹸やシャンプーを使うことが大切です。また、石鹸とシャンプーはしっかりと泡立てて、優しく洗うようにして、洗浄成分が残らないようしっかりすすぎましょう。
皮脂を溶かしすぎないよう38~39℃のぬるま湯を使用し、湯船に浸かる場合は3~5分に留めておきましょう。入浴後はすぐに皮膚が乾燥してしまうので、すぐに保湿剤を塗ってください。

赤ちゃん湿疹の悪化因子を除去してアレルギー予防

湿疹の悪化を招くアレルゲンを除去することが大切です。この治療法を抗原除去療法といい、食物抗原除去法と吸入抗原除去法に分類されます。主に、乳児期に行うのは食物抗原除去法です。離乳食を始める生後5ヶ月頃に食物抗原を検査して、陽性反応が出た食物を最低5~6ヶ月は避けるようにします。幼児期には、主に吸入抗原除去法を行います。中でも、ダニがアレルゲンとなることが多いため、ダニ対策が重要です。

赤ちゃん湿疹の薬物療法

薬物療法では、ステロイド外用剤を主に使用します。また、かゆみによって患部を掻き壊して湿疹が悪化するのを防ぐために、かゆみ止めである抗ヒスタミン剤を併用することもあります。

ステロイド外用薬
皮疹の程度が中度~重度の場合は、効果の強さが大人よりも1ランク下のステロイド外用剤を使用します。乳幼児と小児では、体重に合わせて使用量を決定します。ただし、十分な効果が得られなかった場合には、十分に管理したうえで、ランクが高いステロイド外用剤を使用します。
抗ヒスタミン剤
かゆみによって患部を掻き壊して湿疹が悪化するという悪循環が起こるため、かゆみ止めである抗ヒスタミン剤を使用することがあります。他に、抗アレルギー剤を使用することもあります。なお、抗ヒスタミン剤は2歳から使用できます。

関連リンク:ステロイドだけでは治らない?かゆみ止め内用薬を併用して湿疹を治す

 ページの先頭に戻る